平成30年度 大分県済生会日田病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 124 58 44 64 89 193 611 680 693 213
平成30年度に退院した患者さんの人数を年齢別(10歳刻み)で集計しました。年齢は入院した時点での年齢で集計しています。当院は地域の中核病院として幅広い年齢層の患者さんにご利用頂いていますが、60歳以上が全体の8割弱と比較的ご高齢の方が多いのが特徴です。今後さらに高齢化の傾向が続くことが予想されます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし - - 3.25 - -
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 - - 9.91 - -
120070xx01xxxx 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 なし 手術・処置等25あり 定義副傷病なし - - 10.27 - -
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 なし 手術・処置等25あり 定義副傷病なし - - 4.75 - -
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 定義副傷病なし - - 7.7 - -
子宮筋腫や子宮内膜症といった良性疾患が入院となることが多い結果でした。過多月経や月経困難という症状や、腫瘍サイズの増大、貧血の進行などによって手術療法が良いと思われる場合の入院です。
※平均在院日数は特定入院料算定の患者さんも含むため全国平均より長く算出される傾向があります。
※患者数が10未満の数値の場合は、‐(ハイフン)表示としています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 13 13.08 8.5 0.00% 70.31
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 12.23 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 なし 定義副傷病なし - - 12.34 - -
110280xx99001x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病あり - - 20.39 - -
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし - - 14.55 - -
慢性腎炎をはじめ、腎不全患者の体液コントロール・電解質異常の是正、アシドーシスの是正を行っています。末期腎不全患者に対する腎代替療法の準備として内シャント造設術を行っています。また、既に腎代替療法を開始している方へのシャントトラブル、カテーテルトラブルへの対応も含みます。
昨年と比べ平均在院日数は減少していますが、慢性腎不全の患者は高齢者も多く、全国平均と比較すると入院期間は長めとなっています。
※平均在院日数は特定入院料算定の患者さんも含むため全国平均より長く算出される傾向があります。
※患者数が10未満の数値の場合は、-(ハイフン)表示としています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし - - 16.48 - -
130010xx97x2xx 急性白血病 あり 手術・処置等22あり - - 40.97 - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 20.83 - -
130060xx97x00x 骨髄異形成症候群 あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 15.47 - -
130110x0xxx2xx 出血性疾患(その他)(16歳以上) 手術・処置等22あり - - 25.24 - -
造血器腫瘍を中心に診療を行っています。
※患者数が10未満の数値の場合は、-(ハイフン)表示としています。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 21 10.33 10.61 0.00% 69.62
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 16 4.31 2.68 0.00% 71.19
060340xx03x01x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病あり - - 21.09 - -
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 10.71 - -
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし - - 8.73 - -
当院では内視鏡を用いて行う治療を積極的に行っています。主に胆管における腫瘍や結石に対して内視鏡的治療を提供することを指し、必要に応じて悪性腫瘍検索の目的に細胞を採取する検査や、胆汁の流れを作るためのチューブを入れる治療など多岐にわたります。大腸内視鏡では切除適応となるポリープを指摘した場合に切除を行い、治療後の経過観察も継続して行っています。
※平均在院日数は特定入院料算定の患者さんも含むため全国平均より長く算出される傾向があります。
※患者数が10未満の数値の場合は、-(ハイフン)表示としています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 83 25.04 17.71 12.05% 81.42
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 66 2.88 3.03 1.52% 67.5
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1/2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 65 5.15 4.62 0.00% 70.94
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 27 15.52 12.72 11.11% 68.33
050210xx97000x 徐脈性不整脈 あり 手術・処置等1なし、1/3あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 21 16.9 11.21 0.00% 82.48
当院は救急(緊急)に高齢者の割合が高いのが特徴です。
難治性の虚血性疾患や心不全等に関しては、久留米大学 心臓血管内科・CCUへの早期入院・転院が可能な体制が確立しています。
※平均在院日数は特定入院料算定の患者さんも含むため全国平均より長く算出される傾向があります。
※患者数が10未満の数値の場合は、-(ハイフン)表示としています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 22 5.27 5.7 0.00% 4.55
030270xxxxxxxx 上気道炎 14 5.57 4.84 0.00% 1.36
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 13 4.77 5.94 0.00% 3.54
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 13 5.54 6.32 0.00% 2.69
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし - - 6.03 - -
当科での入院は呼吸器感染症(肺炎・気管支炎)での入院が上位を占めています。同じ病名でも入院の必要性については子供たちの全身状態によって判断されます。例えば、肺炎や熱が一週間出ていても水分や睡眠がとれ、内服が可能で自宅での安静がとれる場合は外来治療を行うことも可能です。しかし、水分がとれない、飲み薬が飲めない、ぐったりしてきたなど子供たちの全身状態が悪化傾向の時は入院が必要となります。
※患者数が10未満の数値の場合は、-(ハイフン)表示としています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 なし 手術・処置等26あり 定義副傷病なし 51 4.76 4.47 0.00% 71.02
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 32 9.72 5.15 3.13% 70.84
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 26 11.81 7.4 0.00% 65.19
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 なし 手術・処置等26あり 定義副傷病なし 25 5.24 4.38 0.00% 75.12
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 23 7.91 11.99 4.35% 66.48
肺・乳腺・胃・大腸・他、様々な病気に対して手術だけでなく、抗癌剤治療等を積極的に行っています。
※平均在院日数は特定入院料算定の患者さんも含むため全国平均より長く算出される傾向があります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 107 58.48 27.09 25.23% 82.89
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) なし 定義副傷病なし 48 72.21 19.94 6.25% 8.71
160800xx01xxxx 骨盤損傷 なし 手術・処置等2なし 29 54.72 19.97 10.34% 75.24
160760xx97xxxx 前腕の骨折 あり 19 30.95 - 0.00% 65.89
160720xx01xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 15 49.73 - 6.67% 69.53
高齢者が多い地域の為、股関節周囲の骨折、脊椎圧迫骨折の患者が多くなります。当院は急性期病棟と、リハビリを中心として長期入院が可能な回復期病棟を有しています。その為、術後すぐに在宅復帰ではない方もリハビリを行いながら入院が可能な為、平均在院日数が長くなっています。
※平均在院日数は特定入院料算定の患者さんも含むため全国平均より長く算出される傾向があります。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 あり 手術・処置等2なし - - 3.29 - -
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし - - 4.86 - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - 8.5 - -
161000x102x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 分層植皮術 25平方センチメートル未満等 手術・処置等2なし - - 25.04 - -
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 5.6 - -
他病院からの紹介が中心となっています。
※患者数が10未満の数値の場合は、-(ハイフン)表示としています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990200 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 重症度等発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - 20.12 - -
160100xx99x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病あり - - 21.48 - -
010060x2990210 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病1あり 重症度等発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - 22 - -
010060x2990410 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病1あり 重症度等発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - 22.35 - -
010060x3990420 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10以上) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病2あり 重症度等発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - 34.21 - -
脳卒中はリスクコントロールが重要であるが、当院では内科や各科と連携が可能である為、幅広い治療に対応が可能です。また、当院は回復期病棟や地域包括ケア病棟も有している為、急性期からリハビリが必要な回復期まで院内でスムーズな治療を行うことが出来ます。
※患者数が10未満の数値の場合は、‐(ハイフン)表示としています。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 27 3.67 3.59 0.00% 74.33
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - - - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 20.83 - -
060050xx97x01x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病あり - - - - -
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) なし 手術・処置等2なし 定義副傷病あり 重症度等A-DROP スコア2 - - 18.18 - -
当院ではIVR:interventional radiology に関わる手技を多数行っています。IVRは一般的に世間に浸透していませんが、X線透視やエコー、CT等の画像診断技術を応用し、体内に細い管(カテーテル)を入れたり、針を刺したりして行う治療行為であり放射線医学の一分野です。現在、肝細胞癌に対して栄養する血管(肝動脈)まで細い管を挿入し、抗癌剤を投与する治療(経肝動脈化学療法)を行っています。転落や外傷に伴う腹部臓器損傷に対してのカテーテルを用いた止血治療も行っています。また、当院ではCTを用いた腫瘍生検術を行っています。肺や肝臓の病気に対してCT装置で撮影しながら病気の一部を刺し組織を採取する検査です。採取した組織を病理、細菌検査等に提出して今後の治療方針の決定に役立てます。
※患者数が10未満の数値の場合は、‐(ハイフン)表示としています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 10 15 7 18 - 9 1 7
大腸癌 11 21 20 68 4 58 1 7
乳癌 12 30 1 6 5 10 1 7
肺癌 15 18 12 38 39 25 1 7
肝癌 - - 7 5 4 11 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
①件数の表記について
本項目は延患者数を表しています。同一患者が同一疾患で入退院を繰り返した場合、その入院回数分が件数としてカウントされています。
②Stage別の件数について
当院は乳腺センターがあり、乳癌に関しては早期を中心に件数が増加しています。なお、その他の癌腫を含めStageや合併症・全身状態等の条件によって化学療法目的等の計画的な再入院を繰り返すことがありますが、この場合は入院回数がカウントされますので、実際のStage別年間症例数(患者数)とは異なります。
③Stage不明の件数について
特に肺癌ではStage不明の件数が39件と多くなっています。これは、がん確定目的の検査入院の場合において退院時点ではStageが不明とならざるを得ないことによります。肺癌の場合はCTガイド下肺生検目的の入院が多く、このような結果となっています。
④再発の件数について
本項目では初発または再発のどちらかに必ず分類する必要があります。自施設・他施設を問わず初回治療が完了した後に診療した場合、定義上「再発」に含めますので厳密にがんが再発した症例数ではなく、再発、再燃、または初回治療完了後の延患者数を表しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 5 15.80 57.60
中等症 42 19.26 78.12
重症 10 32.30 83.00
超重症 22 28.09 83.77
不明 - - -
市中肺炎とは、通常の社会生活を送っている中で発症する肺炎のことです。ガイドラインによる5項目(性別や年齢、脱水症状有無等)に対し、何項目該当しているかで重症度を分類しています。「重症度0」は軽症、「重症度1~2」は中等症、「重症度3」は重症、「重症度4~5」は超重症として治療が行われています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 30 55.83 78.83 10.00%
その他 3 54.33 71.00 33.33%
この指標では脳梗塞の患者を発症3日以内(急性期)の患者数とそれ以外の発症日(慢性期)の患者数と分け、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。平均在院日数が55.83日と長くなっていますが、これは当院が回復期病棟や地域包括ケア病棟を併設し、急性期からリハビリが必要な回復期まで院内で治療を行っている為です。併設することで患者さんの負担になる転院を減らし、当院から在宅に復帰出来るよう体制を整えています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 16 6.38 12.38 0.00% 67
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 14 2.79 2.21 0.00% 74
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - 32 - -
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 - - 12 - -
K496-4 胸腔鏡下膿胸腔掻爬術 - - 88 - -
①内シャント設置術は末期腎不全患者へ血液透析の導入前に施行したり、経皮的シャント拡張術で改善を得られなかった患者に対して新規で造設を行うものです。
②経皮的シャント拡張術は維持透析患者のシャント狭窄やシャント閉塞症に対して行っています。シャント閉塞など緊急で経皮的シャント拡張術を行う場合、術後抗凝固薬の持続投与を行うため入院して頂くことが多く、平成29年度より患者数が増加しています。
※患者数が10未満の数値の場合は、-(ハイフン)表示としています。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 14 0.86 9.64 0.00% 71.43
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 11 3.82 12.18 9.09% 77.45
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 11 0 2.36 0.00% 74.55
K654 内視鏡的消化管止血術 - - 9 - -
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) - - 10.57 - -
※患者数が10未満の数値の場合は、-(ハイフン)表示としています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 69 0.87 7.74 1.45% 70.62
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 25 4.52 15 4.00% 82.88
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 14 0.07 19.29 14.29% 67.36
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 13 0.62 12.23 7.69% 78.69
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - 23.89 - -
不整脈に対するカテーテルアブレーションも実施しています。また、心臓バイパス手術などを含めた心臓血管手術が必要な場合は久留米大学 心臓血管外科への紹介体制が確立しています。
※患者数が10未満の数値の場合は、-(ハイフン)表示としています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 46 2.33 11.85 2.17% 67.48
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 19 1.32 11.95 0.00% 67.37
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 18 10.06 8.06 5.56% 69.17
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 17 5.24 22.47 11.76% 73.41
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 16 4.56 14.69 81.25% 78.44
胆石・ヘルニアをはじめ、胃癌・大腸癌等に対しても腹腔鏡下手術を積極的に行っています。また、肺癌・乳癌の手術も多く行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 108 1.27 54.81 23.15% 79.27
K0462 骨折観血的手術(前腕) 48 2.48 51.69 4.17% 65.19
K0811 人工骨頭挿入術(股) 29 2.55 52.55 24.14% 83.07
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 19 0.95 8.37 0.00% 58.26
K093 手根管開放手術 12 0.08 9.08 0.00% 67.17
高齢者が多い地域の為、股関節周囲骨折、手関節骨折が多くなります。股関節周囲骨折は早ければ当日に手術を行っていますが、手関節骨折は受傷後、腫脹する為、1週間前後の手術待機時間が必要です。また、当院では術後在宅復帰困難者に対しリハビリ目的の継続入院が可能な為、退院までの日数(平均在院日数)が長くなっています。
※平均術後日数は特定入院料算定の患者さんも含むため全国平均より長く算出される傾向があります。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -
他科と協力しチームを組んで治療にあたることも多くあります。
※患者数が10未満の数値の場合は、-(ハイフン)表示としています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) - - - - -
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
※患者数が10未満の数値の場合は、-(ハイフン)表示としています。
放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 10 3.8 11.8 0.00% 72.1
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) - - - - -
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
外傷による血管塞栓術も行っています。
※患者数が10未満の数値の場合は、-(ハイフン)表示としています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 13 0.92 11 0.00% 46.31
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) - - - - -
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -
K861 子宮内膜掻爬術 - - - - -
K9121 子宮外妊娠手術(開腹) - - - - -
子宮筋腫や子宮腺筋症による子宮全摘術はよく行われる手術療法の一つです。
卵巣腫瘍に対しては附属器腫瘍摘出術が選択されます。
※患者数が10未満の数値の場合は、‐(ハイフン)表示としています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 7 0.59%
180010 敗血症 同一 3 0.44%
異なる 9 0.65%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 2 0.42%
異なる 2 0.43%
この指標は医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロになりえないものを少しでも改善すべきものとして、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・術後の合併症について入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)と入院中に最も医療資源を投入した傷病名との同一性の有無を区別して対象患者数と発症率を示したものです。
また、当院では手術や処置等の治療を行う場合、合併症を起こさないように細心の注意を払っています。起こり得る合併症については可能な限り事前に、患者さんやそのご家族の方に効果と危険性を説明し同意を頂くよう努めています。
更新履歴
2019/09/26
平成30年度版病院指標を公開しました。