大分県済生会日田病院

大分県済生会日田病院-トップ大分県済生会日田病院-概要外来診療のご案内入院のご案内診療科・部署紹介交通のご案内

HOME診療科・部署紹介>形成外科

形成外科

部長 山口 明伸

日本形成外科学会 認定形成外科専門医(皮膚腫瘍外科指導専門医)
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本熱傷学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会

診療内容

形成外科とは、先天性および後天性の身体外表の形、色の変化、すなわち醜状を対象とし、これを外科的手技により形態(美容)解剖的に正常(美形)にするものです。
その対象には、

1. 先天奇形: 口唇裂や小耳症などの顔面奇形、多指(趾)症や合指(趾)症などの手足の奇形など
2. 外傷: 熱傷、顔面外傷、顔面骨骨折、手指の切断(再接着)、四肢外傷による組織欠損、外傷後の瘢痕拘縮及びケロイドなど
3. 腫瘍: 皮膚・皮下良性および悪性腫瘍、頭頚部や四肢悪性腫瘍摘出後の再建、乳房再建など
4. 美容

があります。その他具体的には、眼瞼下垂、眼瞼内反・外反症、陥入爪、彎曲爪、腋臭症、わきが、褥瘡などの治療を行っています。
形成外科は、他科と協力しチームを組んで治療にあたることも多く、これは創傷治癒という傷の治りにかかわる理論を理解し、さまざまな治療の手段を持っているからです。

特色

当院では以前より、非常勤医師が週1日の診療を行っていましたが、平成22年5月から常勤医師が勤務しています。今回、医療レーザーを整備しました。
引き続き地域のニーズに応えられるように努力いたします。

【Q スイッチ ルビーレーザーのご案内】

レーザー治療について
当院では、皮膚のメラニン色素異常に対するレーザー治療を開始しました。Qスイッチルビーレーザーは、様々なシミやあざを治療する強力なレーザーです。
レーザー光は、ある特定の色素に反応し吸収される性質があります。
ルビーレーザーは、皮膚内部のメラニン色素を効果的に破壊することに優れています。
傷跡を残さずに、メラニン色素のみを破壊しますので、周囲の正常な皮膚を傷つけることがありません。
レーザー照射時の痛みは、輪ゴムをはじいた程度の痛みです。
外来通院で治療ができます。
個人差がありますが、浅いシミや小さなホクロなどは1回の治療で済みます。
深いあざなどは、2~3か月以上の間隔で平均3~5回の治療を行います。
1回の照射は一瞬なので、小さなホクロなどは1~2分程度、大きなあざは15~20分程度で終了します。
妊娠中はホルモンの影響でシミが濃くなりやすいので、出産後に治療を受けることをお勧めします。

スイッチ ルビーレーザー

適応疾患
 深在性色素疾患・・・太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着症、ほくろ、刺青等
 表在性色素疾患・・・老人性色素斑、そばかす、扁平母斑等

受診の仕方
まず一度受診していただき、疾患の状況を診て予約状況等を確認後、照射計画を立てます。月・水・金曜日の午前診療のみです。

料金
保険適用外の場合、通常料金1cm平方あたり3,000円(税別)の他、初診、再診料、投薬料等が発生します。
※ シミやあざの種類・状態により、治療時間や回数は変わってきます。お気軽にご相談ください。

診療科目一覧

内科(感染症) 心臓血管内科 消化器内科 血液内科 糖尿病・代謝内科
腎臓内科(人工透析) 外科(呼吸器外科・消化器外科・乳腺外科・頸部外科) 乳腺外科 血管外科 整形外科
脳神経外科 形成外科 小児科 皮膚科 婦人科
リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 歯科口腔外科 内科・救急部門