大分県済生会日田病院

大分県済生会日田病院-トップ大分県済生会日田病院-概要外来診療のご案内入院のご案内診療科・部署紹介交通のご案内

HOMEなでしこプランと無料低額診療>なでしこプラン(生活困窮者支援事業)について

恩賜財団済生会は明治44年、明治天皇の『済生勅語』とお手元金により設立され、全国官民の多額の浄財をもって、経済的理由で医療を受けることができない人々を対象とした無料の診療活動を開始しました。

以後 、100年に渡り全国41都道府県下において、済生の途(生命や生活を支える方途)を講ずべく、無料又は低額診療事業を基盤に、医療・福祉事業を展開してきました。

平成22年度から、済生会では、創立の理念に立ち返り、また、現下の社会経済状況を踏まえ、全国の支部・施設において生活困窮者支援事業3か年計画(なでしこプラン2010)がスタートしました。

大分県済生会 実施計画

『無告の窮民にして醫藥給せす天壽を終ふること能はさるは朕か最軫念して措かさる所なり乃ち施藥救療以て濟生の道を弘めむとす』

明治44年明治天皇が発布された済生勅語の一部抜粋。

無告の窮民とは救いを呼ぶ術を持たない生活困窮者の意で、この一節は済生会医療の根幹を為なす理念と云える。

創立100年を経て、現代に於ける無告の窮民の救済の状況は如何か。

平均寿命からは世界一級の医療福祉国家と云えるが、一方では医療サービスに与れない、現在の“無告の窮民”の存在も明らかになった。

大分県済生会が、病院における無料・低額診療事業と更生保護施設『あけぼの寮』の入寮者及びおおいた国際交流プラザに於いて県内在住外国人で生計困難者な方を対象とした健康相談並びに巡回診療事業、及び矯正施設入所中の高齢、又は、障碍を抱えた自立困難者に対して、出所後の福祉サービスなどの支援を始めた所以ある。

当然、財政的基盤のない慈善活動など在り得ない。

医療費削減と医師不足の煽を真正面から蒙った当院の構造的赤字も職員一丸となっての努力により来年度からは黒字転換の見込みとなった。

その先の目標は、着実に進行する施設老朽化に備えて、少なくとも、減価償却相当額の貯蓄を心がける等、病院の健全運営に腐心し、当面は真の心の休息など有得そうにもない。

平成26年4月
大分県済生会 支部長 西田 敬

1.診療圏を対象とした無料の健康相談並びに無料又は低額診療事業を実施します。
【実施主体】 大分県済生会日田病院
【関係機関】 市町村、社会福祉協議会、民生委員協議会、ハローワーク、警察署、法務局等
【計画内容】 関係機関に対する計画的、かつ、効率的な周知活動並びに当院職員に本事業に対する理解をさらに深め、相談件数、依頼件数の増を図ることで、本事業の実施件数の増加につなげます。また、毎月第4水曜日の午前9時~午前11時30分まで、1階待合ホールにて、無料の健康相談を実施します。
【対象患者数】 無料又は低額診療事業として、年間取扱患者延数の10%(生保患者+生計困難者)を計画しています。

2.更生保護施設『あけぼの寮』(大分市田室町)の寮生に対し健康診断・診療を実施します。
【実施主体】 大分県済生会日田病院
【関係機関】 保護観察所
【計画内容】 ・寮生にあけぼの寮の職員が付き添い、当院にて就労等のため健康診断を実施します。
【平成29年度実施計画】(新規事業)
利用者数 利用者数 利用者数
4月 7人 5月 4人 6月 3人
7月 4人 8月 3人 9月 6人
10月 1人 11月 4人 12月 2人
1月 2人 2月 5人 3月 5人

3.生計困難者及び地域住民を対象とした健康相談事業を実施します。
【実施主体】 大分県済生会日田病院
【関係機関】 日田市健康保険課、日田市社会福祉課及び三花公民館
【計画内容】 7月は当院待合ホール、10月はパトリア日田、1月は院外(中村公民館)において看護師、医療相談員等関係職員による健康相談等を実施します。
【平成29年度実施計画】(平成28年度205人)
  月  対象人数   月  対象人数   月  対象人数   月  対象人数
7月 73人 10月 129人 1月 10人 -

4.地域生活定着支援事業を実施します。(大分県の委託事業)
【実施主体】 大分県地域生活定着支援センター、平成22年6月1日開所
【関係機関】 保護観察所、矯正施設、更生保護施設、大分県、各市町村、大分県社会福祉協議会等
【計画内容】 大分市内の事務所に相談員6人を配置し、刑務所入所中の高齢者、又は、障がい者が、出所時に直ちに福祉サービス等を受けられるように調整業務等を実施します。
【平成29年度実施計画】(平成26年度3,177人、平成27年度4,017人、平成28年度3,823人)
支援延数 支援延数 支援延数
4月 366人 5月 353人 6月 420人
7月 366人 8月 350人 9月 311人
10月 332人 11月 333人 12月 349人
1月 389人 2月 303人 3月

5.更生保護施設『あけぼの寮』(大分県室町)での福祉的支援事業を実施します。
【実施主体】 大分県済生会日田病院
【関係機関】 保護観察所、矯正施設、更生保護施設、近隣の医療機関、大分市他自治体
【計画内容】 当院から職員2名を派遣し、寮生の福祉的支援業務を担当する。
【平成29年度実施計画】(平成27年度2,169人、平成28年度1,945人)
支援延数 支援延数 支援延数
4月 155人 5月 179人 6月 189人
7月 185人 8月 171人 9月 181人
10月 186人 11月 200人 12月 138人
1月 204人 2月 167人 3月 89人
上記支援延べ数のうち近隣医療機関を受診し、当院が診療費の本人負担分を代わって処理した延べ数。
支援延数 支援延数 支援延数
4月 6人 5月 11人 6月 15人
7月 5人 8月 6人 9月 14人
10月 14人 11月 19人 12月 17人
1月 17人 2月 24人 3月 23人