大分県済生会日田病院

大分県済生会日田病院-トップ大分県済生会日田病院-概要外来診療のご案内入院のご案内診療科・部署紹介交通のご案内

HOME医師臨床研修と採用情報初期・後期研修医募集>臨床研修プログラム

大分県済生会日田病院群  臨床研修プログラム

医師が、医師としての基盤形成の時期に、患者を全人的に診ることができる基本的な診療能力を修得することにより、医師としての資質の向上を図ることを目的としており、地域の医療提供体制の整備に当たっても、重要な役割を果たすことが期待されるものである。

1.プログラムの名称

大分県済生会日田病院群臨床研修プログラム

基幹型臨床研修指定病院 大分県済生会日田病院
臨床研修協力病院 久留米大学病院
臨床研修協力施設 奥村日田病院 宮原レディースクリニック みよしクリニック
おだクリニック 日田市立上津江診療所 日田市立東渓診療所
大分県西部保健所 岩手県済生会岩泉病院


2.プログラムの目的・特徴

1)目的
医学・医療の社会的ニーズを認識し、日常診療で多く経験する病気や病態に適切に対応できるプライマリ・ケアに必要な基本的臨床能力を身につけることは非常に重要である。
本プログラムは、臨床研修を円滑に行い、幅広い基本的な診療知識・技術を習得するとともに患者さん、家族及び医療スタッフとの連携を大切にする態度を養い、安全な医療を行うための基本的姿勢を習得し、医師としての人格を涵養することを目的とする。

2)特徴
本プログラムは、大分県済生会日田病院を基幹型臨床研修指定病院、久留米大学病院を臨床研修協力病院、奥村日田病院、宮原レディースクリニック、みよしクリニック、おだクリニック、日田市立上津江診療所、同東渓診療所、大分県西部保健所、岩手県済生会岩泉病院を臨床研修協力施設とする臨床研修プログラムである。
済生会日田病院は、日田・玖珠地域の中核病院として平成2年10月に開院した。
地域中核医療、二次救急医療を担当し、地域医師会との医療連携を重視し、久留米大学、大分大学、佐賀大学の教育関連施設として教育・診療に力を注いでいる。
臨床では日常遭遇する頻度の高い疾患、基本的な疾患、病態、救急疾患などにつき、診断、治療を経験し、プライマリ・ケアに必要な知識・技術の習得を目指している。


3.プログラム責任者と参加施設

1)プログラム責任者
 臨床研修管理委員会 委員長

2)基幹型臨床研修病院
・大分県済生会日田病院(日田市大字三和643番地の7)
 施設概要:http://saiseikai.hita.oita.jp

3)臨床研修協力病院
・久留米大学病院(久留米市旭町67)
 施設概要:http://www.hosp.kurume-u.ac.jp

3)臨床研修協力施設
・奥村日田病院(日田市田島町500)
 施設概要:http://www.soujin.jp/
・宮原レディースクリニック(日田市玉川町258-1)
 施設概要:http://www.miyahara-lc.com/index.html
・みよしクリニック(日田市三芳小渕町121)
・おだクリニック (中津市大字上宮永3-270-1)
・日田市立上津江診療所 (日田市上津江町川原3933)
・日田市立東渓診療所(日田市天瀬町合田1994-1)
・大分県西部保健所(日田市田島2-2-5)
 施設概要:http://www.pref.oita.jp/
・岩手県済生会岩泉病院(岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字中家19-1)
 施設概要:http://www1.ocn.ne.jp/~nadesiko/

4)指導医リスト(平成29年4月1日現在)

科別 指導医(○印責任者) 職位 備考
内科(感染症) 副院長 済生会日田病院
血液内科 ○岩橋 正人 副院長 済生会日田病院
心臓血管内科 ○大坪 仁 副院長 済生会日田病院
消化器内科 部長 済生会日田病院
小児科
外科  西村 寛 リハビリテーション専従医 済生会日田病院
○林田 良三 院長 済生会日田病院
 尾崎 邦博 部長 済生会日田病院
産科
婦人科
〇堀内 新司 部長 済生会日田病院
○駒井 幹 講師 久留米大学病院
○宮原 英二 院長 宮原レディースクリニック
○三好 端 院長 みよしクリニック
○小田 高明 院長 おだクリニック
脳神経外科 ○森山 匠 副院長 済生会日田病院
麻酔科
地域保健・医療  西村 寛 リハビリテーション専従医 済生会日田病院
○林田 良三 院長 済生会日田病院
○山崎 世紀 所長 上津江診療所
○後藤 浩 所長 東渓診療所
○渡邊 淑子 所長 西部保健所
精神科 ○富田 克 助教 久留米大学病院
○寺尾 大 副院長 奥村日田病院
病理 ○杉田 保雄 非常勤 久留米大学病院


4.定員(平成30年度)

区分 公募によるもの
1年次 2
2年次 2
合計 4

研修医の募集は公募によるものとし、マッチングシステムに参加する。
※なお、当院は東京都済生会中央病院、、大分大学医学部附属病院の協力型臨床研修病院になっており、2年次における必須科目の研修を受け入れる。(実績有)


5.教育課程

研修期間は2年間とし、この期間の研修によりプライマリ・ケアにおける医師としての態度、知識、技能などの基本的な診療能力を習得する。

(1)研修期間割
当初の12ヶ月は基本研修科目を研修することとし、内科6ヶ月、救急3ヶ月、選択必須(2科目)3ヶ月とする。

研修科目 研修期間
オリエンテーション 1週間
内科 6ヶ月
救急 3ヶ月
選択必須
(外科・麻酔科・小児科・産婦人科・精神科から2科目選択)
3ヶ月
地域医療 1ヶ月
自由選択 11ヶ月

次の11ヶ月においては必須・選択必須科目の研修及び自由選択科目(整形外科、脳神経外科、放射線科)の研修ができる。
(研修医の配置)
※研修医別ローテーション・イメージ(ローテーション・イメージPDF

(2)研修内容 ・共通的研修及び到達目的
・科別研修カリキュラム


6.研修評価

各研修医に2年間の期間割と受持症例名簿、および学会・研究会・検討会発表を記入させる。
別に臨床研修の到達目標毎に、達成の有無を自己評価させる。
指導医は記入された期間割と受持症例名簿・自己評価結果などを随時点検し、当該科ローテイト研修終了医の評価を研修医評価表に基づき行う。
更にこれを臨床研修管理委員会が審査する。


7.プログラム修了の認定

2年間の臨床研修プログラム修了を臨床研修管理委員会の審査を経て認定した後に、臨床研修管理委員長名による修了認定証を授与する。


8.プログラム修了後のコース

研修修了後、当院に就職を希望する者は選考により採用され、シニアコースに進むことができる。
また、本人の希望により大学院への進学や他の施設への進路については相談に応じる。


【シニアコースの概要】

初期研修修了後、特定診療科の研修を希望する研修医のためにシニアコースを設置する。
研修医は、希望の診療科に所属し、より高度で専門的な研修を行う。
研修修了後は各科学会専門医等の資格又は受験資格を取得できる。

1.対象:当院での初期研修を修了した研修医
2.研修期間:3年間
3.シニアコース設置の診療科:内科、外科、麻酔科

(記載以外の診療科については応相談)
※当院の認定施設一覧(平成25年7月2日現在)
・日本内科学会認定教育関連病院
・日本感染症学会専門医研修施設
・日本呼吸器学会関連施設
・日本脳卒中学会認定研修教育施設
・日本血液学会認定医研修施設
・日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
・日本脳神経外科学会専門医認定制度指定訓練場所
・日本外科学会認定医制度修練施設
・日本呼吸器外科学会専門医制度関連施設
・日本乳癌学会認定医・専門医研修施設
・日本麻酔科学会麻酔指導病院
・日本整形外科学会認定医制度研修施設
・日本医学放射線学会放射線科専門医修練協力機関
・日本がん治療認定医機構認定研修施設
・日本救急医学会救急科専門医指定施設
・日本病理学会病理専門医制度研修登録施設


【共通的研修】

(Ⅰ) オリエンテーション

研修最初の1週間に以下の内容を中心にオリエンテーションを行う。
・スタッフ紹介
・病院概要の紹介
・病院就業規則
・医の倫理
・医療保険全般(法律、保険診療、その他)
・診療録について
・安全管理対策
・院内感染対策
・文献検索
・オーダリングシステムについて
・その他

(Ⅱ) 臨床病理検討会(CPC)

剖検例について担当科医師、病理医を中心に院内全体として検討会を行い、研修医の教育に役立てる。

(Ⅲ)症例検討会、学術講演会

毎月1回開催(1月、8月、9月、12月を除く)
地元医師会との共催による症例検討会を継続的に済生会日田病院会議室で開催している。
また、地元医師会の学術講演会が毎月開催されている。

婦人科を希望される方へ(名誉院長 西田敬)
婦人科を希望される方へ(名誉院長 西田敬)(英文主体)

医師臨床研修

初期臨床研修を「済生会日田病院で」と考えている方へ 初期臨床医研修募集 臨床研修プログラム 臨床研修カリキュラム
当院の臨床研修到達目標(PDF) 後期臨床研修医募集 地域医療研修が始まりました(東京都済生会中央病院から)(Lastupdate:2010.8)-PDF 医学部生見学及び実習生募集(Lastupdate:2010.10)-PDF
医学生等奨学金制度