診療科・部門Medical subjects

腎臓内科(人工透析)

スタッフ紹介

乙咩 崇臣

医長

  • 学会情報は現在準備中です

徳重 真純

医員

  • 日本内科学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本透析医学会

小田原 健一

医員

  • 学会情報は現在準備中です

診療内容

腎臓内科では、検尿の異常(蛋白尿や尿潜血)、腎炎、ネフローゼ症候群、急性腎不全、慢性腎不全などの保存期腎不全、 及び透析関係の患者さんをケアしています。腎臓内科と言えば透析科と思われがちですが、腎臓内科の本分は透析にさせないことです。肝臓とは違い、腎臓は再生しない臓器なので、基本的に低下した腎機能が改善することはありません。そのために「早期発見・早期治療開始」が必要となります。
クレアチニンの値が2.0(mg/dL)を超えてから当科にご紹介いただいて加療開始しても、将来的に透析が避けられないことが多くあります。「蛋白尿」や「尿潜血」があれば、是非一度当科にご紹介下さい。糖尿病や高血圧から来る腎臓病も多いですが、「IgA腎症」や「ANCA関連腎炎」などの腎炎で早期治療開始すれば、透析を免れる病気も多々あります。前者であれば、引き続きかかりつけの医院で加療して頂きますし、後者であれば久留米大学病院やその関連施設と連携して診察させて頂きます。
外来は毎週月曜日、火曜日、木曜日、金曜日で、新患外来は月曜日、火曜日、木曜日です。

特色

当科では腎代替療法(血液透析、腹膜透析)を行っており、維持透析にも力を入れています。
透析患者さんが健康に過ごしてもらうためには、「十分な栄養と十分な透析、適度な運動」です。これにより、維持透析の最大の問題である心臓血管系の合併症を予防すべく全力で取り組んでおります。
今年度からは人工血管を含めたシャント手術ができる医師が常勤となりましたので、ブラッドアクセスのトラブルなどがあれば、即日、経皮的シャント血管拡張術(PTA)や内シャント再建術が可能です。お困りなことがあれば、いつでもご紹介下さい。

pagetop